読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NPO法人 丹南市民自治研究センター

福井県丹南地域にある市民活動のNPOの活動報告ブログです。

講演会「平和と人権のゆくえー改憲草案を考えるー」

 どうなってしまう 基本的人権、日本の平和 160名が学ぶ

 国防軍とは? 緊急事態の宣言とは?  
 改憲草案に対して、会場から不安の声

 

   NPO法人丹南市民自治研究センターでは、改憲にまつわる議論の高まりとともに、憲法そのものへの関心も大きくなっている今、平和を希求し、私たちが法の下に平等で、個人として自由に生きることを保障している現憲法について、一緒に考えていきたいという思いで、6月20日、越前市福祉健康センターで講演会「平和と人権のゆくえ-改憲草案を考える-」を開きました。
 20代から80代の幅広い年代の市民160名が参加し、あらためて自民党改憲草案の内容に驚くとともに、特に若い世代が真剣な眼差しで聞き、不安そうに顔を見合わせていたことが印象的でした。 

f:id:okiraku_sunday:20160621142737j:plain f:id:okiraku_sunday:20160621142844j:plain

 講師の円居愛一郎弁護士からは、憲法改正で私たちは幸せになれるのかという視点で、「立憲主義の放棄」と「基本的人権の制限」という2つの大きな課題を中心に、自民党改憲草案の説明がありました。

立憲主義の放棄」については、第1条で天皇を「日本国の象徴」とした現憲法に対し、同草案では「日本国の元首」として規定されています。また、同草案では国旗・国歌の尊重を第3条の中で規定しています。

 「基本的人権の制限」については、「第2章 戦争の放棄」を同草案で「安全保障」とし、第9条の2を新設し、国防軍の設置について規定しています。国防軍は集団的自衛権を行使するとともに、公の秩序を維持する国内での活動も行うことも規定されており、国防軍の保持や緊急事態の宣言の名のもと、国民は政治権力に支配される危険性があることを話され、表現の自由などの国民の権利が制限されることを学びました。

講師は、今日の講演会で感じたことを家族や友人に伝えてほしい、それをさらに伝えてもらい、広がれば大きな力になる、と講演を締めくくられました。

 会場からは、自衛隊は軍隊ではなく違憲ではない、憲法第99条に対する改憲草案第102条に関して講演で触れられたのは初めてである、表現の自由に関する国連の調査報告について僅かの時間しか報道されなかったが、日本の報道の自由は脅かされているのか、憲法9条の議論の陰でそれ以外にも多くのことが改正されようとしているが、何をしようとしているのか、どこへ向かっているのか、国防軍や緊急事態の宣言など明治返りと一部で言われているように国が国民を支配するようなことになってしまうのではないか、など5名の参加者から質問や感想が寄せられました。

 6月22日に公示される参議院選挙では、憲法改正に必要な3分の2の議席を現在の自民.公明の連立政権が獲得するのかどうかが注目されています。

安倍首相は、昨年に「集団的自衛権」などの安保法案を強行可決するなどしましたが、その進め方は圧倒的多数の憲法学者からは「立憲主義」を大きく逸脱するものとして「違憲」と指摘されました。

そうした動きの中で、「自民党改憲草案」も以前に公表されており、その内容は国防軍の設置をはじめ、現在の平和憲法とは相いれない部分も数多く含まれています。そうした政治状況の中での今回の市民セミナーでした。

 
NPO法人 丹南市民自治研究センター 講演会

自民党 改 憲 草 案 を 考 え る

 

f:id:okiraku_sunday:20160615143458p:plain

○ 日 時 平成28年6月20日(月)18時30分~

○  越前市福祉健康センター(アルプラザ武生4階)多目的ホール

○ 参加費 無 料

○ 主 催 NPO法人 丹南市民自治研究センター

○ 後 援 福井県地方自治研究センター   越前市職員組合 自治労丹南連絡会

            福井県平和環境人権センター   中部地区労働福祉平和センター
            連合福井丹南地域協議会

「LGBT」の理解を深めよう!! バッチ作成し販売へ。

 NPO法人丹南市民自治研究センターでは、昨年から多様な性についての理解を深めるための活動を行っていますが、5月初旬に下記写真のようなLGBTレインボーバッチ」を作成し、販売を始めました。

f:id:okiraku_sunday:20160603223012j:plain
1個350円で、ご理解と支援をいただく方や各種団体にお買い求めを呼びかけています。

ぜひ多くの皆様のご協力をお願いします。全国どこへでもお届けします。
お買い求めは、0778-23-8708 越前市職員組合へご連絡ください。

 

 

アースディえちぜん2016 幅広い活動で参加

恒例の「塩釜市」特産品販売も好評  
新企画「LGBT」バッチ作成.販売も

5月15日に開かれた「アースデイーえちぜん2016」に丹南市民自治研センターは実行委員会に参加し、当日は東北震災のときから取り組んでいる「塩釜市」の特産品の販売や今年初めて企画した「LGBT」への理解を深めてもらうための周知啓蒙活動、障がいスポーツコーナーの設置などを行いました。当日は天候にも恵まれて1000人が来場という盛大なイベントでしたが、丹南市民自治研究センターのブースも多くの人でにぎわいました。

越前市まるごとキッチン部」も一緒に市特産物食材をPR

越前市の学校調理員さんは、「給食カレー」販売で初参加

今年のアースディには、日ごろから丹南市民自治研究センターと仲良く活動をされている二つの団体も参加していました。その内の「越前市まるごとキッチン部」は越前市特産の食材を使った料理をPRし、初めて参加した越前市の学校調理員の皆さんは「給食カレー」を出品し大好評でした。

f:id:okiraku_sunday:20160603162349j:plain f:id:okiraku_sunday:20160603165156j:plain f:id:okiraku_sunday:20160603165656j:plain

 

 

 

 

 

若手自治体職員が越前市で交流会

活動の記録

   自分の仕事って何だろう? それぞれの悩みや実態を交流 

 「自治体間競争ではなく、自治体間交流が重要」と学ぶ

 3月5日に越前市にある旧料亭春駒にて、「みんなで悩むぞ!自分の仕事って何だろう?」というテーマの下に、福井市越前市鯖江市、池田町の若手職員22名が参加し、勉強会および交流会が開かれました。この会にはNPO法人丹南市民自治研究センターも支援協力し、若手会員も参加しました。

 近年、どこの地方でも行われている自治体間競争に疑問を感じる若手職員が、日頃仕事をしながら感じている矛盾や本質とのズレを自治体の枠を超えて話し合い、お互いの街のことを知り、認め合うことが、これから必要なことではないかという思いからこの企画が開かれました。

 勉強会では仁愛大学講師の冨永氏(発創デザイン研究室代表)をファシリテーターとして迎え、仕事上の悩みや違和感をブレストして、共通項でまとめるというワークショップを行いました。また交流会では、越前市ソウルフードであるボルガライスなど地元商店街の飲食店からテイクアウトした食事を囲み、勉強会で出た話題を肴にさらに話が盛り上がりました。

 参加者からは、「他自治体の若手職員と交流したかった」「これからは自治体間競争ではなく、自治体間交流が必要だ」「これからも定期的にこのような会を開いて欲しい」というこの会を開くにあたっての主催者の思いが参加者に届くことが出来ました。

   f:id:okiraku_sunday:20160401145155j:plain  f:id:okiraku_sunday:20160401145912j:plain   

 

 ジェンダーマリアージュ上映会. 97名が参加

活動の記録

同性婚をめぐるアメリカでの裁判の歴史から
「結婚」や「基本的人権」などの視点を学ぶ

NPO法人丹南市民自治研究センターでは、これまでも「LGBT」に関する講演会を開いていますが、3月15日、下記チラシのような映画会を開き、97名の市民が参加しました。

参加者からは映画をとおして描かれたアメリカでの同性婚をめぐる裁判の歴史を通じて、結婚と基本的人権、愛のかたちなど、多くの視点を学べたとの感想がありました。

 最近、日本国内でも同性パートナーに対する結婚証明書の発行などが幾つかの自治体で行われたり、夫婦別姓、離婚後の女性の再婚期間の短縮など、一人ひとりの姓と性に関する動きが多くあります。

そうした中で、男女のありかたと生き方を考えさせてくれる、『ジェンダー・マリアージュ』の映画でした。

ジェンダー・マリアージュ映画公式サイト:http://unitedpeople.jp/against8/

全州で同性婚が容認されたアメリカ そこに至るまでには、愛と涙の積み重ねがあった

ジェンダー・マリアージュ』は、米国最大の州、カリフォルニア州での同性婚裁判を追ったドキュメンタリーです。

2008年11月、それまで同性婚が合法とされていたカリフォルニア州で、結婚を男女間に限定する州憲法修正案「提案8号」が通過、同性婚が再び禁止されることになりました。この「提案8号」を人権侵害であるとして、州を提訴したのが二組の同性カップル、クリス&サンディとポール&ジェフです。

 

f:id:okiraku_sunday:20160224163324j:plain


特定非営利活動法人 丹南市民自治研究センター

福井県越前市府中一丁目13-7 越前市役所内 越前市職員組合

電話 0778-23-8708 FAX 0778-23-7911