読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NPO法人 丹南市民自治研究センター

福井県丹南地域にある市民活動のNPOの活動報告ブログです。

若手自治体職員が越前市で交流会

活動の記録

   自分の仕事って何だろう? それぞれの悩みや実態を交流 

 「自治体間競争ではなく、自治体間交流が重要」と学ぶ

 3月5日に越前市にある旧料亭春駒にて、「みんなで悩むぞ!自分の仕事って何だろう?」というテーマの下に、福井市越前市鯖江市、池田町の若手職員22名が参加し、勉強会および交流会が開かれました。この会にはNPO法人丹南市民自治研究センターも支援協力し、若手会員も参加しました。

 近年、どこの地方でも行われている自治体間競争に疑問を感じる若手職員が、日頃仕事をしながら感じている矛盾や本質とのズレを自治体の枠を超えて話し合い、お互いの街のことを知り、認め合うことが、これから必要なことではないかという思いからこの企画が開かれました。

 勉強会では仁愛大学講師の冨永氏(発創デザイン研究室代表)をファシリテーターとして迎え、仕事上の悩みや違和感をブレストして、共通項でまとめるというワークショップを行いました。また交流会では、越前市ソウルフードであるボルガライスなど地元商店街の飲食店からテイクアウトした食事を囲み、勉強会で出た話題を肴にさらに話が盛り上がりました。

 参加者からは、「他自治体の若手職員と交流したかった」「これからは自治体間競争ではなく、自治体間交流が必要だ」「これからも定期的にこのような会を開いて欲しい」というこの会を開くにあたっての主催者の思いが参加者に届くことが出来ました。

   f:id:okiraku_sunday:20160401145155j:plain  f:id:okiraku_sunday:20160401145912j:plain   

 


特定非営利活動法人 丹南市民自治研究センター

福井県越前市府中一丁目13-7 越前市役所内 越前市職員組合

電話 0778-23-8708 FAX 0778-23-7911