読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NPO法人 丹南市民自治研究センター

福井県丹南地域にある市民活動のNPOの活動報告ブログです。

三田村理事長「チェルノブィリ視察報告会」に220名参加 厳しい現実に衝撃

活動の記録
チェルノブィリ福島原発事故」他人ごとではない!
大飯原発再稼働」納得できる状況ではない、と多くの声

NPO法人丹南市民自治研究センターの三田村輝士理事長は4月下旬、約1週間にわたり旧ソ連ウクライナ共和国の「チェルノブィリ原発」の現地へ赴き、事故の実態や今日に至るまでの現状と対応など詳細にわたっての視察を行いました。

 f:id:okiraku_sunday:20150525163803j:plain

事故後27年も経た今も残る事故の生々しさや悲しみと苦しみから解放されない人々の暮らしなど現地を訪れた者でなければ伝えることのできない事実を多くの人に伝えたいと丹南市民自治研究センターでは6月12日、越前市福祉健康センターで「チェルノブィリの遺言」と名付けた報告会を開きました。

f:id:okiraku_sunday:20150525163627j:plain f:id:okiraku_sunday:20150525163846j:plain

会場満席で立ち見もでる220名の市民が参加し、三田村理事長が撮影してきた写真やビデオ映像、現地の人々の生の声に触れ、ガンの多発と死亡、強制移住、住民の生活破壊、永久に続けられる事故原発の管理と廃炉作業など、その厳しい現実に改めて衝撃を受けていました。

f:id:okiraku_sunday:20150525163825j:plain

意見交換の中では、チェルノブィリの事故と福島の事故は別々のものではない、他人ごとではないとの感想と共に、昨年の福島原発事故から1年、地元福井の大飯原発再稼働の動きが表面化する現状にも、今はとても納得できる状態ではない、安全より経済優先の進め方には納得できない、再稼働は時期尚早などの意見が多く出されました。

f:id:okiraku_sunday:20150525163702j:plain


特定非営利活動法人 丹南市民自治研究センター

福井県越前市府中一丁目13-7 越前市役所内 越前市職員組合

電話 0778-23-8708 FAX 0778-23-7911