読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NPO法人 丹南市民自治研究センター

福井県丹南地域にある市民活動のNPOの活動報告ブログです。

市民セミナー 「食品の裏側」 参加者200名が衝撃を受ける

現代人は、安さと便利さを求めて、 健康な身体を失っている

私たちが毎日食べている加工食品。安さ、便利さと引き換えに多くの食品添加物--化学薬品を摂取し体内に蓄積している現実。人体への安全性への懸念はないのか、子供たちの成育にどのような影響を与えるのか。

7月2日、丹南市民自治研究センターは食品添加物の開発にかかわり、その第一人者として著名な安部司氏を招いての実験を含めて講演会を開いた。

f:id:okiraku_sunday:20150522183928j:plain

会場には約200名が参加し、安部さんが化学薬品を使った実際の加工食品と添加物の記載内容や、目の前で繰り広げられる薬品による味と色による飲み物の作り方に自分たちが毎日食べている食品の裏側、作られる人口の味、体内に蓄積される薬品の膨大な量など改めて驚き、衝撃の様子であった。

f:id:okiraku_sunday:20150522183954j:plain

安部さんは講演の中で、最も簡単な安全な食品への考え方として次のような視点での選択が必要と話した。現在の消費者が食品を選ぶ選択は次の通りであるが、その反対の方向を考えてほしい。

  1. 安い
  2. 簡単
  3. 便利
  4. 美しい
  5. 美味しい

本当に安全な食材や食品は、この五つの条件とは反対の方向にある、よく考えること。

さらに次の三項目に注意すれば自然に安全な食品を選ぶことになると示した。

  1. 非伝統的な食べ物…現在、人体実験中である。日本の伝統食品は安全の実証済み。
  2. 不自然な食べ物…常識的に考えてありえないもの、おかしいもの。
  3. 未経験な食べ物…自分が判断できないものが多く入っているようなもの。

今回のセミナー「安全の裏側」は下記の体制で開かれた。

日時 7月2日(水) 午後7時から8時30分
場所 越前市福祉健康センター4階 多目的ホール
講師 安部司氏(食品ジャーナリスト)
参加費 1000円(主催、共催団体の会員は無料)
主催 NPO法人丹南市民自治研究センター
共催 越前市職員組合 女性部 壮年部 中部地区労働福祉平和センター
後援 NPO法人 土といのちの会 百姓の館 NPO法人 ケアサポート春駒

 


特定非営利活動法人 丹南市民自治研究センター

福井県越前市府中一丁目13-7 越前市役所内 越前市職員組合

電話 0778-23-8708 FAX 0778-23-7911