読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NPO法人 丹南市民自治研究センター

福井県丹南地域にある市民活動のNPOの活動報告ブログです。

認知症サポーター養成講座 約200名が参加し会場は超満員

認知症への理解と、対応を学ぶ

4月18日の夜、越前市福祉健康センターで開催された丹南市民自治研究センター主催の「認知症サポーター養成講座」には、越前市内はもとより、丹南地域、敦賀、奥越地域からの参加もあり、年齢層も幅広い約200名が参加する盛況であった。

講座は、若狭町三方保健センターの看護師・高島久美子さんが講師となり、認知症の実態やサポートの具体例、医師との関わり方など約1時間半の講演と30分程度の意見交換が行われた。

その中で高島さんは、認知症は脳の病気であり、予防には日頃からの生活習慣病への対応や、趣味を三つ持つこと、一日二回の感動が大事などとユーモアを交えながら話した。

また、実際に症状が出た場合はサポート側の立場を押し付けるのではなく、病気を理解し、相手の立場を受け入れることが必要と、分かりやすい実例を示し、参加者はそれぞれに納得の感じであった。

今回の養成講座は、主催の丹南市民自治研究センターが企画と調整、コーデネィターを担当し、後援の福井県長寿福祉課は資料提供と講師の紹介、越前市は駐車場の便宜、越前市社会福祉協議会福祉関係者への参加呼びかけ、県庁職員組合自治研推進委員会は財政的支援など、それぞれの団体が持ち味を生かし、いわば協働の形で成功した催しだった。

今回の実施体制は下記のとおりであった。

日時 4月18 日(水) 午後6時30分より
会場 越前市福祉健康センター 多目的ホール
内容 講演と意見交換 「認知症と、その対応」
講師 若狭町三方保健センター 看護師・高島久美子さん
主催 丹南市民自治研究センター
後援 福井県越前市越前市社会福祉協議会福井県職員組合自治研推進委員会

 

f:id:okiraku_sunday:20150519195153j:plain


特定非営利活動法人 丹南市民自治研究センター

福井県越前市府中一丁目13-7 越前市役所内 越前市職員組合

電話 0778-23-8708 FAX 0778-23-7911